北の地方公務員がキャリアについて考えるブログ

27歳、元映像制作会社ADが、北海道の地方公務員としてキャリア形成について悩みながらも努力を積み重ねるブログです。

【Day34】civil engineering6

こんばんは!

北の地方公務員2年目のツルミ(郷愁の念)です。本日も二級土木施工管理技士の勉強しました!!

※めちゃ眠いです。


教材:「図解でよくわかる2級土木施工管理技士 第1次検定

学習範囲:lesson2「2.河川」

項目:①河川堤防の施工、②河川護岸の施工

ページ数:p.102〜112

 

ツルミは大学時代、河川系の研究室にいたので、懐かしい思いでいっぱいになりました!

北海道豪雨とかの研究してたなぁ〜。

 

眠たくなって来たので、早いとこ寝ますね!!

それでは。

【Day33】civil engineering5

こんばんは!

北の地方公務員2年目のツルミです。本日も二級土木施工管理技士の勉強しました!!

コツコツやらねば、、、


教材:「図解でよくわかる2級土木施工管理技士 第1次検定」

学習範囲: lesson2「1.構造物」

項目:③鋼橋の溶接合、④高力ボルトの締付け及び鉄筋コンクリートの鉄筋の継手、⑤コンクリート構造物の耐久性照査及び維持管理

ページ数:p.88〜101


溶接の手法を学べましたね〜。

どんどんやって行きます!!

 

それでは!

f:id:yellownycboy:20210921001724j:image

【Day32】civil engineering4

こんばんは!

北の地方公務員2年目のツルミ(常時空腹)です。本日も二級土木施工管理技士の勉強しました!!


教材:「図解でよくわかる2級土木施工管理技士 第1次検定」

学習範囲: lesson2「1.構造物」

項目:①鋼材の力学的性質、②鋼橋の仮設方法

ページ数: p.78〜87


橋を架ける技術って素晴らしいですね!

よくこんな事考えたものだ!!

 

それでは!

f:id:yellownycboy:20210919225406p:image

【Day31】civil engineering3

こんばんは!

北の地方公務員2年目のツルミ(晴れて自由の身)です。


保健所への応援従事期間が終わり、今日から元の所属へ戻りました。

二級土木施工管理技士の勉強再開です!!


教材:「図解でよくわかる2級土木施工管理技士 第1次検定」

学習範囲: lesson1「3.基礎工」(p.56〜77)


ちょっと、初見の工法とかがあって分からん部分も多いですね〜

何周かすれば勝手に覚えてくるんでしょうが、、、

取り敢えず、一周終わらせます!!

 

それでは!

f:id:yellownycboy:20210916230448j:image

【Day30】テレビ業界を目指す人へ⑥

こんばんは!北の地方公務員2年目のツルミです。
 
今回も【地方から東京のテレビ業界に入るためにした行動】 と題しまして、マスコミ塾での経験を語りたいと思います。

 

①OB訪問

NHKインターンシップ参加

③マスコミ塾←今回はこれ!!


ツルミは大学三年生の時に北海道で唯一のマスコミ塾に通っていました。

といっても、 期間は3か月間で金銭面的に継続するのは難しいと判断し、 途中で退会しておりますが、、、
 
マスコミ業界を目指す人の中では、このような塾に通うことなく内定を獲得する人も多いと思います。しかし、私はここへ通ったことは決して無駄ではなかったと思います。


北海道にいながら東京のマスコミ業界を目指した自分にとっては、藁にも縋る思いで探し出した塾でしたし、ここで学んだことが後のテレビ局受験に大いに役立ったと確信しております。


ですので、この記事を読んでいる方については、「 こんな就活対策法もあるんだぁ~」といった程度に知っていただければと思います。
 

◉この記事の内容

  1. マスコミ塾に通い始めたきっかけ
  2. マスコミ塾の概要
  3. 授業内容
  4. その他メリット
  5. まとめ


【1.マスコミ塾に通い始めたきっかけ】

私は常日頃から「芸人さんと一緒にお仕事がしたい!!」 という思いを「ぼんやり」かつ「メラメラ」 と抱き続けていたため、
大学3年生の10月頃に重い腰を上げ、 マスコミ業界に入る準備に取り掛かりました。
取り敢えず、「就活解禁が大学4年の6月だから~いついつまでに ESを書けるようになって~」 と悠長にスケジュール感を捉えていましたが、
よくよく調べてみると、 どうやらマスコミ業界の就活は他の業界と比べ、 随分とスタートが早いという事が分かりました。
一番早いのが恐らくテレビ朝日なんですが、12月上旬くらいには ES提出の締め切りだったと思います!!
(実際、クリスマスには筆記テスト受けてましたもんね笑)
 
その事実に直面した私は
「あれ?恋焦がれて仕方がないマスコミに入れなくない? 時間なくない?見積り甘かったんでない?!」
と激しく反省し、速攻で「札幌 マスコミ塾」とググりました。
すると、一つの塾がヒットしました。
この塾は元新聞記者の方が運営しており、「札幌」「東京」「 京都」の3つの会場で開催されているようでした。


当時、札幌の大学に通っていた私は、

マスコミ就活について何も知らないし、時間が無い!!

イコール通うなら今しかない!!
と思い、すぐさま申し込みました。
 

【2.マスコミ塾の概要】
私が参加した札幌クラスは、道内唯一全国紙・NHK受験、 内定に照準をあわせた講座であり、 NHKや民放各局のアナウンサーなども輩出実績があるようでした 。また、定員は学習効果を高めるため、少数精鋭で実施している、 といったフレコミでした。


札幌以外の他の会場については、 どのような実施方法だったのかは分かりませんが、札幌会場では、 ホテルの1階にある喫茶店で講義が開催されていました。
当時は生徒が僕しかおらず、 講師の方と1対1で授業を行っていました。(噂通り、少数精鋭ぃ ぃ!!!
授業料については、様々なコースがありましたが、 私が通っていたのは「1受講単位(約3ヶ月全12回):66,000円」というもので、月に4回程度、1回につき1時間45分の時間で受講していました。
 

【3.授業内容】

内容については①懇談②漢字試験③時事問題の解説、(→④ ES(エントリーシート)・小論文の添削) という流れが多かったです。

※④は不定

 

①懇談については、毎回、 日々のニュースについて講師と話し合います。

事前に講師から新聞と日付の指定があり、 内容を一読してから授業を受けます。
気になるニュース等をピックアップし、 2点ほど話せるようにしておく事が必要でした。

具体的には、ある記事を読んで、「 この話は今後どうなっていくのか?」「 記事の中での重要なことは?」「 記事ではこのような取材方法だったが、自分ならどう取材し、 どのように報道するか?」という事を30~40分程度話し合いま した。

ニュースに対して自分の意見を持つトレーニン、 という感じでしたね。

 

②漢字試験については、 講師が準備した漢字テストを時間を計って解きます。

マスコミ就活では、 筆記試験で漢字の知識を問われる問題が分量として割とありますので、

家での自習でインプットしつつ、 この時間にアウトプットしていました。

 

③時事問題の解説については、ある市販の雑誌を購入し、 これを教科書として講師がその中身を解説します。

覚えておくべきニュースや単語、人物などについて、 詳しく教えてもらいました。

時間としては40~50分程度掛けていたと思います。

 

④ES・小論文の添削について。ESの締め切りが近い時は、 事前にこちらでESを作成し、 それに対して講師からフィードバック受けたり、 細かな修正をしてもらいました。

私は「テレビを作りたいんだ!! 」という熱い思いをこれでもか、というくらい前面に押し出したESを作ってしまいましたが、それだけでは足りなくて、

マスコミの役割とは?報道の意義とは?といった視点を与え、ES の内容についてバランス調整してくれた事が、 すごく学びになりました。また、「ESの書き方」 についてここで学んだ内容については、私のES作成の柱となり、 様々な企業へESを書く際にも役立ちました。

小論文については、 マスコミ就活の筆記試験では必須といっても過言ではなく、 テーマだけ与えられて1000字で書け、 などの問題が当たり前に出題されるので、 この授業内で対策を立てられた点が良かったです。

講師から出題されたテーマを一つ挙げると、「光」というテーマで 1500字で小論文を作成した記憶があります。

小論文を作成する上で、「小論文は、ESや面接と同じく自分をアピールする場であり、自分の経験や考えと出題テーマを結び付け、企業側に自分を採用するメリットを伝えれば良い」 と教えて頂きました。

大学のキャリアセンターその他就活サポート団体などでも、 ESや小論文は添削してくれますが、 マスコミ業界に特化して添削できる所はそう無いと思います。( キャリアセンターでも見てもらいましたが、どこかピントがずれた漠然としたフィードバックしかもらえませんでした。)

どういった視点が必要で、どう書けばマスコミ企業に刺さるのか? といった点を教えてもらえたと思います。

 

【4.その他メリット】

このマスコミ塾では会員専用のメンバーズページがあり、web上で全国の受講生と情報交換する事が出来ました。

各社の募集要件や就活解禁時期、オススメの対策方法など、 他の受講生と共有し合うことで、

自分もやらなくては!という危機意識を持てましたし、 頑張っている仲間を見て、 モチベーションの維持にも繋がったと思います。

 

【5.まとめ】

マスコミ塾に通うことについて、私としても講師の方からしても、 本当だったらもっと長期に渡って受講するのが理想であったと思います。

しかし、当時はこのような塾の存在すら情報として持っていなかったし、 知っていたとしても金銭的に早期から受講していたかは分かりませ ん。

マスコミ業界を目指したのがあれくらいの時期になってしまったので、仕方が無かったのかな~、と今では思います。

ただ、これから本気でマスコミに入ろうとしている方については、 このようなサービスを利用しても良いのかなと思います。

別にテレビじゃなくても、出版、新聞、広告など、 マスコミと言っても色んな分野があるので、 もしも該当する人がいれば調べてみて下さい。

今ならオンライン形式で受講できるところもあるみたいですね!!

マスコミ塾に通わなくても内定を獲得出来る人はもちろんいます。 みなさんにどうか通ってください! という気はさらさらありません。

ただ、内定の確率を上げるための手段として、 マスコミ塾っていうのがあるよ! ってことだけは覚えておいてください!!

 

私から伝えたかった点は以上です!

それでは。

f:id:yellownycboy:20210915165643j:image

【Day29】テレビ業界を目指す人へ⑤

こんばんは!


北の地方公務員2年目のツルミ(減量中)です。

今回についても引き続き、【地方から東京のテレビ業界に入るためにした行動】を語りたいと思います!

長くなってしまいましたが、NHKインターン後半です!

 

①OB訪問 

NHKインターンシップ参加 ←今回はこれの後半!!

③マスコミ塾


初めに書いておきますが、3,4日目は「番組制作実技」という内容でした。

2日間に渡り、ガッツリ時間をかけて実際に参加者全員が1人1つの映像作品を作成しましたよ!!


◆3日目

朝、私達は大きな会議室に集められ、それぞれ5〜6人のグループに分けられ、それから、番組制作実技研修の概要を伝えられました。


内容としては、「春」というテーマで30秒の映像作品を作る、というもの。

舞台は砧公園で、演者は同じグループの人なら好きなように指示して使って良い!

との事でした。

ガチガチに熱いですよね笑


初日からすぐに撮影を始めているグループもありましたが、私達のチームはまず砧公園をしっかりと視察し、公園には何があるのか?「春」というテーマにどう結び付けられるのか?というのを時間をかけて探りました。

 

ちなみにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、砧公園はめちゃデカいです!

f:id:yellownycboy:20210910174154p:image

開園面積は391,777.35平方メートル平成27年7月1日現在)であり、

芝生が一面に拡がり、サクラやキンモクセイ、ツバキなどの木々も植樹されています。

アスレチックやちょっとした軽食も取れる売店などもありますし、

軟式野球場兼競技場、小サッカー場世田谷美術館なども公園内にあるんです!!

 

ロケーションのチョイスが良いですよね、流石NHK!笑

「さぁ、お前たち、存分にイマジネーションを働かせてみなさい!!」と言わんばかりの環境です!

 

私は砧公園内を歩き回りながら、春について考えていました。

春・・・桜、、合格、、出会い、、別れ、、雪解け、、独特な草木の香り、、道路のぬかるみ、、雪の中から銀杏出てくる、、くさい、くさい、、つぶれてる、、くさい、、くさい、、靴底にこびりつく、、ずっとくさい、、、くさい、、しつこくくさい、、、くさい、、

 

春=くさい

 

、、、、、ボツ

発想が北海道過ぎるし、広がりがない。

 

春、、、これから自分は夢を実現すべく就活戦線を戦い抜き、潜り抜け、テレビマンになる!!

自分にとっての春とは、「「新社会人になった自分」」だ!!

 

再考した結果、私は「春」と「新社会人」を結びつけた作品を作ることに決めました。

どんな被写体を撮ろうかなぁ~と考えていたところ、砧公園内には至る所に看板がある事に気がつきました。

これだけ大きな公園で、多くの利用者がいるのだから、ルールは明確に決めておかなければなりません。

普段生活している中では見たことが無い看板や、注意喚起があちこちに配置されていたため、

私は「あれ?看板に書いてある内容を使ってストーリーっぽく仕立てたら、なんか一本作れんじゃね?」と思いました!!

 

他のメンバーも各々のテーマが決まったようで、一旦会議室へ戻りました。

そこからはNHK職員による「絵コンテの作成方法」のレクチャーがありました。

どんなシーンを何秒間、どんなカメラワークで映し、何を伝えたいのか」を考える。

シンプルですが、とても難しく奥が深いと思いました。

 

私も絵コンテを一応作って、職員に見てもらいましたが、

やりたい事を詰め込み過ぎ!!」と言われました。

それを全部やろうとすると、視聴者が理解する前に次の展開へと移ってしまい、付いて来てくれないよ?!」とも。

 

映像制作の経験がほぼ無かった私には、ワンシーン・ワンカットにおける通常の間や尺などについて、感覚的には身に付いておらず、それを言葉で指摘し、教えてもらえたのはとても良い勉強になりました。

 

◆4日目

この日はついに映像を撮影する日です。

朝、いつもより早起きし、皆よりも早く砧公園に入り、撮影場所の順番や同じグループの参加者への演技指導プランなどを考えていました。

今考えると、「あれってロケハンだったなぁ~!」と思います。

 

私達は5,6人のグループで1人ずつ順番にディレクターを担当し、それぞれの撮影プランを実行する予定でした。

1~3番目のディレクターが撮影するときは、皆キャッキャ言いながら演技をしたり、被写体になったり、楽しい時間が過ぎていきましたが、

徐々に体力や集中力が削られ、後ろになればなるほど、グダついて来るのが肌で感じられました。

私はたしか5番目くらいの担当だったと思うんですが、「いかに演者の気分を乗せ、短い時間で必要な画を取るか」について考えさせられた時間でした。

 

無事に全ての映像素材を撮り終え、次に私達は編集作業へと移りました。

1人につき1台PCが与えられ、絵コンテや撮った素材をもとに編集していきます。

ナレーションを吹き込むための別部屋などもあり、「おれ、映像作ってるなぁ!!」と高揚したのを覚えています。

 

映像を粗く繋いだものをNHK職員に見せ、何度もアドバイスをもらいながら修正し、ナレーションを入れ、ようやく私の30秒の映像作品が完成しました。

その当時の参加者の顔がモロに出てるため、映像自体は載せられませんが、一部モザイク付き画像でどうぞ。(ぼく、本当に参加したんですよ??笑)

 

タイトル:「反時計回りのススメ」(30秒間)

(これは当時、Creepy Nutsの「合法的トビ方ノススメ」を聴いていたので、それにインスパイアされたんだと思います笑)

 

f:id:yellownycboy:20210910174440p:image

ナレ>新社会人が陥りがちな事ってあるよね

f:id:yellownycboy:20210910174456p:image

ナレ>無理矢理、強制されたり

f:id:yellownycboy:20210910174512p:image

ナレ>あれやっちゃダメ、これやっちゃダメ

f:id:yellownycboy:20210910174519j:image

(悩む)

f:id:yellownycboy:20210910174556p:image

あっ!

f:id:yellownycboy:20210910174612p:image

ナレ>逆転の発想。逆の事しても良いんだ!

f:id:yellownycboy:20210910174522j:image

(気づき)

f:id:yellownycboy:20210910174622j:image

(走り抜ける)

 

と、今見ると恥ずかしいですが、一生懸命作りました!!

 

◆5日目

・制作VTR視聴

・懇親会

 

この日はインターンシップ参加者の作成した映像作品の上映会がありました。

大会議室に集められた私達は大きなスクリーンを見つめ、一人一人の作品を視聴しました。

春から「恋愛」を連想したもの、季節の移ろいを鮮やかに映し出したもの、なんかノリとテンションだけのもの、声小っちゃくて聴こえないもの、なんでそのテーマにしたん?ってものもありました笑

 

本当に多種多様な作品があって、「映像って誰が作るかによって、こんなにも違うんだなぁ」と感心しましたし、

作品の出来不出来に関わらず、どれも皆が時間をかけて作ったもので、めちゃくちゃ頭ひねって考えて、それを30秒に凝縮したのが見ただけで分かりました。

やはり5日間も一緒にいて、同じカリキュラムを乗り越えてきた参加者に対しては、仲間意識が芽生えますし、労いの念を抱かずにはいられませんでした!!

全ての作品が見終わり、NHKのディレクター陣から批評などもいただき、VTR視聴会は終了しました。

 

続いて、懇親会です。

立食パーティのような感じで、お酒を飲みながら、メンターや違うグループの参加者と話すことが出来ました。

NHKインターン参加者は、皆がNHKに入りたいわけではなく、具体的に「TBS!」とか「日テレ!!」とか、どこで働きたいのかが決まっている人も中にはいました。

また、「昔からテレビが好きで、どうしてもテレビ業界に入りたい人」「なんとなく刺激的そうだからテレビをやってみたい人」「バラエティ番組を絶対にやりたい人」「〇〇をメディアで報道する!と決めている人」など、本当にいろんな方が参加していました。

 

ただ、このインターンに参加する際に、何か具体的に決めておく必要はないのかもしれません。

参加して色々な人と話す中で、自分の興味が明らかになったり、新たな気づきや発見があるのかもしれません。

私はこの5日間を通して、テレビを制作するためのテクニカルな部分を沢山学ぶことが出来ましたが、

それだけでなく、映像制作の自由さや多様さについても知ることが出来ました。

それから、今まであまり触れませんでしたが、NHKの労働環境や転勤のペース、キャリア形成などについても詳しく教えて頂けました(主に飲み屋での会話で!)。

 

参加するきっかけは何でも良いんだと思います。テレビに興味がある人、マスコミに興味がある人、映像に興味がある人、情報発信に興味がある人、何でも良いと思います。

 

参加するだけの価値があるインターンだと思いますので、もし興味があれば日程等調べて参加してみて下さい!!

一応言っておきますが、私はNHKの回し者ではなく、なんなら当時テレ東が一番好きでした笑

 

長くなってしまいましたが、NHKインターンについてはこれで以上です!

読んでいただき、誠にありがとうございます!!

 

それでは。

【Day28】civil engineering2

こんばんは!

北の地方公務員2年目のツルミ(減量中)です。


今日も二級土木施工管理技士の勉強しました!!


教材:「図解でよくわかる2級土木施工管理技士 第1次検定」

学習範囲: lesson1「2.コンクリート」(p.38〜55)」


公務員試験の範囲にも被る箇所があったりして、懐かしさと共に学びもあって、とても楽しいです!


引き続き、勉強していきます!!

それでは。

f:id:yellownycboy:20210906230106j:image